お知らせ

徳洲新聞 797号病院だよりにて『性教育についての依頼講演』が掲載されました

徳洲新聞797号病院だよりにて『性教育についての依頼講演』が掲載されました!

大和徳洲会病院(神奈川県)は、外科の加藤一郎医師が発起人となり、“スキルアップ研修”と銘打った勉強会を6月から始めた。

10月5日、近隣の中学校の視聴覚室で、小・中学生のお子さんをもつ保護者の方を対象にした講演を行い、約60人が参加されました。親同士が学習したいことを自ら企画し活動する家庭教育学級の一環で、当院に依頼されたものです。
当日は、「子供に伝えたい『こころ』と『からだ』~話していますか?『性』のこと~」をテーマに、中山健・産婦人科部長と三住みつ子助産師が性教育に関する講演。
中山部長は、「性行動の現状と性感染症」について述べ、三住助産師は自身の子育て体験を話しながら、「家庭での性教育が子どもを守る」ことを強調していました。
終了後の質疑応答も活発で、たいへん盛り上がった講演となりました。

当院では、医療・福祉に関する講座、老人会・自治会、各種サークルの集いからの依頼講演をお受けしています。
ご希望の日時・場所・課題で、家庭や職場・同好会・サークル・自治会など、10名様位のグループを対象とした皆様だけの講座として開催できます。
費用は無料ですので、病気の予防や健康増進のため、是非ともご利用下さい。

日帰りバスツアー