お知らせ

【1016号徳洲新聞】ダイジェスト

国内外の被災地で医療支援活動を行うNPO法人TMATは中米のパナマ共和国で開催された「エマージェンシー・メ ディカル・チームズ・グ ローバル・ミーティング」(緊急医療チーム国際会議)に参加。同会議を共催したWHO(世界保健機関)とPAHO(全米保健機構)からの招待を受け、TMAT隊員である3人の徳洲会職員が出席。


徳洲会救急部会(TKG)は福岡徳洲会病院で学術集会「第4回ERCCMフォーラム」を開催。今回は2017年度から始まる新専門医制度を見据え、同制度が重視する学術活動、地域研修、病院間連携に主眼を置いた内容となった。

徳洲新聞 注目記事


徳洲会グループは1年次研修医中間研修会を開催。テーマは「明日、病院に帰ってすぐに役立つ実践術」。毎年恒例のCT(コンピュータ断層撮影)カンファレンスや、緊急性の高い気道確保法、人工呼吸器の管理法などを学んだ。

徳洲新聞 注目記事


PDFはこちら(外部サイト)