お知らせ

【1023号徳洲新聞】ダイジェスト

山形徳洲会病院は「物忘れ予防ドック」に取り組むなど認知症の予防や早期発見に尽力している。ドックでは、山形県内でも実施医療機関が限られるMCI(軽度認知障害)のスクリーニング検査をはじめ、遺伝子検査や脳MR検査、問診検査など総合的な検査を実施。予防医療の充実と地域の健康づくりに貢献している。


湘南鎌倉総合病院(神奈川県)は、術前に休止が必要な薬剤などについて注意喚起する「薬剤師術前外来」を開始した。薬剤を休止しそこなうことで発生する手術の延期や麻酔方式の変更の回避などが狙い。今後は対象診療科を増やしていく方針。術前休止薬の統一表も作成中で、要望があれば新たに導入する病院に提供する。


仙台徳洲看護専門学校(宮城県)は3月4日、卒業式を行った。晴れの門出を迎えたのは4回生47人。このうち、仙台徳洲会病院に11人、山形徳洲会病院と湘南藤沢徳洲会病院(神奈川県)に各1人が就職する。

徳洲新聞 注目記事


PDFはこちら(外部サイト)