お知らせ

【1024号徳洲新聞】ダイジェスト

中部徳洲会病院(沖縄県)は3月19日、新病院の竣工祝賀会を挙行。徳洲会グループ関係者や多くの地元関係者らが出席し、4月1日に新築移転オープンする新病院の完成を盛大に祝った。翌20日には一般の方を対象に内覧会も開催。2日間で約7000人が訪れた。

徳洲新聞 注目記事


福岡徳洲会病院のがん治療センターが放射線治療を開始してから1年が経過。月平均380件を超えるなど、順調に実績を積み重ねている。治療開始後、全症例の約9割で高精度放射線治療を実施するなど、治療効果の向上と患者さんの身体的負担の軽減を試みている。昨年10月には呼吸に同期させて照射する装置を用いて肺がんの治療に取り組んでいる。


名古屋徳洲会総合病院は2月27日、春日井心臓血管セミナーを初開催した。近隣の医療機関に心臓治療に関する最先端の情報を提供するのが狙い。テーマは、手術不適応の重症大動脈弁狭窄症(AS)患者さんの治療手段となり得る「TAVI(経カテーテル大動脈弁置換術)」。日本で初めて同治療を行った大阪大学医学部附属病院の澤芳樹・心臓血管外科学教授(同大学医学部長)を招しょう聘へ いした。


PDFはこちら(外部サイト)