お知らせ

【1035号徳洲新聞】ダイジェスト

沖永良部徳洲会病院(鹿児島県)の新築移転が決まった。離島病院の建て替えは徳洲会グループ初の試み。キックオフミーティングが開かれ、同院職員をはじめ関係者72人が出席した。竣工は来年11月を予定。

徳洲新聞 注目記事

徳洲会グループは千葉県で2016年度新入研修医合同オリエンテーションを開催した。今年度は19病院に医科117人、歯科7人の計124人の研修医が入職。初期臨床研修に取り組むうえで重要な知識や心構えを学んだり、研修医同士で親睦を深めたりした。

徳洲新聞 注目記事

名古屋徳洲会総合病院は新たにMRI(磁気共鳴画像診断装置)を導入、2台体制とし診療機能の強化を図った。これまで、MRI(3テスラ)1台で対応してきたが、検査件数が増えていることなどから、2台目(1.5テスラ)を増設。これにより待ち時間の短縮や、より多くの検査への対応が期待される。


PDFはこちら(外部サイト)