お知らせ

【1043号徳洲新聞】ダイジェスト

日野病院は統合失調症の治療を拡充。従来の治療では十分な効果が得られない「治療抵抗性統合失調症」の治療薬として適応が認められている「クロザリル(一般名:クロザピン)」を用いる方法で、横浜市立大学附属病院との連携など体制を整えたことにより実現。


介護老人保健施設リハビリケア湘南厚木は歯科医院との連携により、入所者さんに対する口腔ケアの取り組みを強化。歯科衛生士が週に一度、施設を訪問して入所者さんに対し専門的な口腔ケアを実施。同衛生士から指導を受けた介護職員が日常的な口腔ケアを行う体制も構築。


一般社団法人徳洲会の鈴木隆夫理事長は徳洲会医療経営戦略セミナーで2015年9月に策定した中期経営計画「VISION2020」について進捗状況を説明。鈴木理事長は「すべてはFor the patient!患者さんのためにあります。これがすべてです」と計画の実現を訴えた。

徳洲新聞 注目記事


PDFはこちら(外部サイト)