お知らせ

【1049号徳洲新聞】ダイジェスト

一般社団法人徳洲会の福島安義・副理事長らアフリカ視察団は、エチオピア、ジブチ、タンザニアを訪問、医療施設の見学や医療関係者との会談などを行った。3カ国の関係者はともに徳洲会の医療支援に対する謝意や今後のサポートに対する期待感を表していた。

徳洲新聞 注目記事


一般社団法人徳洲会の鈴木隆夫理事長、ムワナタンブエ・ミランガ顧問は、ケニアの首都ナイロビで開催された第6回アフリカ開発会議(TICAD Ⅵ)に参加。ジブチ、ザンビア、トーゴ、ケニアの要人らと会談し、今後の医療支援などについて協議。

徳洲新聞 注目記事


湘南鎌倉総合病院の小林修三・副院長兼腎臓病総合医療センター長は、タンザニアの国立ドドマ大学医学部を訪れた。腎疾患総合診療プログラムの確立に協力するのが狙い。同プログラムのひとつとして腎移植について協議。

徳洲新聞 注目記事


PDFはこちら(外部サイト)