お知らせ

【1069号徳洲新聞】ダイジェスト

名古屋徳洲会総合病院は1月30日、内視鏡下手術支援ロボット「ダヴィンチ」を用いた心臓手術を施行。同機を用いた心臓手術は東海地方初、徳洲会グループ初で、日本でも6施設目。15年末に心臓手術の薬事承認も下りたことから、今後の利用拡大をにらみ実施に踏みきった。引き続き、より低侵襲で痛みや合併症が少なく精度の高い心臓手術を目指す。


国内外の被災地で医療支援活動を行うNPO法人TMAT(徳洲会医療救援隊)は熊本県の蒲島郁夫知事から感謝状を贈られた。熊本県は昨年4月、最大震度7の群発地震により甚大な人的・物的被害を受けた。TMATは発災直後から活動を開始、全国の徳洲会病院から13日間で延べ125人の隊員が現地入りし、大規模な医療支援を展開。


国内外の被災地で医療支援活動を行うNPO法人TMAT(徳洲会医療救援隊)は熊本県の蒲島郁夫知事から感謝状を贈られた。熊本県は昨年4月、最大震度7の群発地震により甚大な人的・物的被害を受けた。TMATは発災直後から活動を開始、全国の徳洲会病院から13日間で延べ125人の隊員が現地入りし、大規模な医療支援を展開。

徳洲新聞 注目記事


PDFはこちら(外部サイト)