お知らせ

【1010号徳洲新聞】ダイジェスト

東京西徳洲会病院は整形外科外傷センターを開設。骨折や靱帯損傷など一般的な外傷はもちろん、四肢の開放骨折や粉砕骨折、切断肢、骨盤輪および寛骨臼骨折など重症外傷に対し機能再建(失われた身体の機能をできる限り復元)を重視した治療を提供。24時間・365日の診療体制で地域の外傷後遺障害の低減を目指している。


医療法人徳洲会は宇和島徳洲会病院で第三者間の修復腎移植を実施。同移植は臓器提供者(ドナー)の腎臓に生じた直径4cm以下のがんを切除・修復し、透析患者さん(レシピエント)に移植。第三者間の移植は13年3月以来、13例目、親族間を含めると17例目。将来的には修復腎移植の先進医療適用を目指している。


中部徳洲会病院バレーボール部は第85回全日本9人制バレーボール総合男子選手権大会で、2大会ぶり5度目の優勝を飾り、グランドスラム(年間3回ある全国大会の完全制覇)達成に王手をかけた。決戦の舞台は12月19、20日に愛知県で行われる櫻田記念。


PDFはこちら(外部サイト)