お知らせ

【1077号徳洲新聞】ダイジェスト

徳洲会グループ各病院・施設は2017年度の入職式を挙行。グループ全体で新たに2480人が仲間に加わった。内訳は医師276人(うち初期研修医109人)、歯科医師22人、看護師1124人、薬剤師100人、理学療法士117人、診療放射線技師61人など。入職式で撮影した集合写真や、病院ごとの入職者数や新入職員が語った抱負などを紹介。

宮古島徳洲会病院には4月1日付で事務職1人、3日付で看護師2人が入職。島尻真希・健診センター事務職員は、「1日も早く職場に慣れ、皆さんのお役に立てればと思います」と挨拶。群馬県出身の牧島亜梨沙看護師は、ずっと離島で働くのが夢だったと明かした。

徳洲新聞 注目記事

屋久島徳洲会病院には理学療法士、歯科衛生士、ケアマネジャー、事務職で計5人が入職。吉武綾子・総務課職員は、自然の雄大さが魅力的なこの屋久島の地で働けることに感謝を示し、「少しでも早く地域医療の一翼を担い、貢献できるよう精いっぱい努めていきます」。

徳洲新聞 注目記事