お知らせ

【874号徳洲新聞】ダイジェスト

腎移植1000例の快挙を達成――。宇和島徳洲会病院の万波誠・泌尿器科部長は、腎移植1000例に到達、患者団体が記念祝賀会を開催した。

徳洲新聞 注目記事


庄内余目病院は認知症早期発見プログラム(MCI-S)を開始。これは質問型スケール(尺度)で、従来見逃しやすかった軽度認知症を9割以上の確率で発見できる。今後、健康診断のオプションとして組み込む方針。


徳洲会グループは第11回患者満足度オリンピックの表彰式を開催。これは徳洲会独自の表彰制度で、患者アンケートなどに基づき、病院・介護施設が順位を競う。優秀病院賞や各部門賞など20賞の発表が行われた。


PDFはこちら(外部サイト)