お知らせ

【974号徳洲新聞】ダイジェスト

徳洲会グループは年度末恒例イベント「患者満足度オリンピック」の表彰式を行った。患者満足度調査で好成績を収めた10病院、3介護老人保健施設が受賞。昨年度に比べ獲得ポイントが最も改善した最優秀改善病院賞は笠利病院(鹿児島県)が受賞した。

徳洲新聞 注目記事


湘南鎌倉総合病院(神奈川県)腎臓病総合医療センターの大竹剛靖・腎免疫血管内科主任部長は「当科での再生医療に対する取り組み」をテーマに講演。臨床研究として実施したPAD(下肢末梢(まっしょう)動脈疾患)に対する下肢血管再生療法について説明するとともに現在、進めている腎疾患への取り組みなどを紹介した。


旧・茅ヶ崎徳洲会総合病院(神奈川県)の跡地で新築工事を進めてきた新・茅ヶ崎徳洲会病院は、新病院の概要を発表した。新病院は132床で、内科、外科、小児科、産婦人科、整形外科、循環器内科、救急外来に加え、透析室、内視鏡室、健診センターなどで構成。4月27日からお産の予約外来のみ開始し、5月1日にフルオープンする。


PDFはこちら(外部サイト)