お知らせ

【976号徳洲新聞】ダイジェスト

茅ヶ崎徳洲会病院(神奈川県、132床)が5月1日、茅ヶ崎徳洲会総合病院の跡地に開院する(4月27日にお産外来が先行開始)。基本診療科をそろえるとともに、高度急性期病院との連携や役割分担を見据え、リハビリテーションや在宅医療にも力を入れる。

徳洲新聞 注目記事


湘南鎌倉総合病院(神奈川県)薬剤部は、インターネットを介した遠隔教育システムを開始した。コスト的・時間的問題から勉強会への頻回参加が難しい離島・へき地病院の薬剤師に対する教育支援が目的。徐々に対象病院を増やし、3月には徳洲会グループ9病院が同システムを通じ薬物療法の知識習得に努めた。


第69回全日本体操競技選手権大会(4月24~26日、国立代々木第一体育館)で、今シーズンのスタートを切る徳洲会体操クラブ。大会を直前に控え、1日には実際の審判員を招いて演技をチェックしてもらう試技会を行うなど、調整に余念がない。


PDFはこちら(外部サイト)