お知らせ

【879号徳洲新聞】ダイジェスト

石垣島徳洲会病院は訪問診療・看護・介護など在宅分野を強化している。今年2月には患者さんの急変に24時間対応が義務付けられている在宅療養支援病院になった。

徳洲新聞 注目記事


第22回脳神経外科手術と機器学会が開かれ、徳洲会は11演題を発表した。シンポジウムでは北原巧雄・千葉徳洲会病院副院長が「聴神経腫瘍における顔面神経保存のこつ」と題して講演。会場は多くの参加者で熱気にあふれていた。


徳洲会グループが各地で実施している巡回健診バス事業が堅調に推移している。8病院でスタートし、現在、12病院まで拡大。開始から1年で総受診者数は古河病院の1万7000人を含め、約6万人に上る。2年目を迎え、さらにニーズが高まりそうだ。


PDFはこちら(外部サイト)