お知らせ

【882号徳洲新聞】ダイジェスト

宇治徳洲会病院は新築移転に向け地鎮祭を行った。新病院は甲子園球場が5つ入る敷地に建設。完成すれば近畿地区最大の救命救急センターとなる。

徳洲新聞 注目記事


徳洲会オンコロジープロジェクトは肺がんの臨床研究を本格スタート。徳洲会として大腸がん、乳がんに続く3番目のがん臨床研究で、高齢化をにらみ75歳以上の既治療の患者さんが対象。発足会議には多職種が集まり、研究計画を確認。


名古屋徳洲会総合病院は消化器内視鏡治療センターを開設。内視鏡治療の実績が高まってきたことによるもの。患者さんの身体的な負担を低減するため、安全性や治療効果を担保したうえで、可能な限り内視鏡による低侵襲治療を実施。


PDFはこちら(外部サイト)