お知らせ

【897号徳洲新聞】ダイジェスト

徳洲会医事部会はNPO法人「架け橋」の協力を得て、医療対話推進者養成研修を初めて開催。病院にかかわるさまざまな相談や悩みに対応する医療対話推進者の知識・スキルの向上を図り、患者さんのサポート体制を強化するのが狙い。


名古屋徳洲会総合病院は、がん医療強化の一環として緩和ケア病床を開設。同病床では、がん患者さんが抱える多様な苦痛を緩和するためのケアを提供。同院は来年4月の新築移転を機に、緩和ケア病棟の開設も計画、院内緩和ケア体制の充実に注力。


第23回日本医療薬学会年会が仙台市で開催された。テーマは「再興、再考、創ろう最高の医療の未来」。徳洲会グループからは22演題の発表があった。会場には全国の徳洲会病院の薬剤師が参集、グループ外の薬剤師との情報交換も盛んに行っていた。


PDFはこちら(外部サイト)