お知らせ

【899号徳洲新聞】ダイジェスト

徳洲会の鈴木隆夫・副理事長らは記者会見を開き、徳田虎雄理事長の声明文を発表。徳田理事長は東京地方検察庁による家宅捜索以来続く一連のマスコミ報道によって、患者さんや家族、職員ら関係者に不安を与えていることを改めて陳謝。一日も早い信頼回復を誓った。


介護老人保健施設の八尾徳洲苑は大腿骨頸部骨折の患者さんを対象とした地域連携クリニカルパスに市内の老健として初めて参画。医療機関との連携をより円滑にし、患者さんの在宅復帰を強化するのが狙い。認知症患者さんへの対応にも注力し、地域ニーズに応えていく。


野崎徳洲会病院、千葉西総合病院、湘南鎌倉総合病院は大阪大学が主導する多施設共同試験に参加、新しい治療エビデンスづくりに貢献。同試験は貧血薬を用い、PCI(経皮的冠動脈形成術)後の心機能低下を予防しようとするもの。新たな標準治療の確立が期待されている。


PDFはこちら(外部サイト)