お知らせ

【903号徳洲新聞】ダイジェスト

徳洲会グループは10月度の各ブロック会議(北海道、東北、関東、関西、九州、沖縄、離島)をそれぞれの地域で開催、東北と関東ブロック会議には鈴木隆夫理事長が理事長就任後、初めて出席し、所信表明を行った。

徳洲新聞 注目記事


所信表明のなかで鈴木隆夫理事長は、「徳洲会の『生命だけは平等だ』の理念継承がもっとも重要です」と強調。また、各ブロック会議では、一切の違法な選挙活動を行わない、医療法人とメディカルサービス(MS)法人との取引の明確化、執行部体制の見直しなど21の周知・連絡事項を伝達。


社会医療法人木下会と医療法人静仁会はそれぞれ臨時理事会を開催し、新理事長に鈴木隆夫理事を全会一致で選任した。鈴木・新理事長は、「いつでも、どこでも、誰でもが最善の医療を受けられる社会を目指していきます」と宣言。また、医療の質の向上に努めていくことも言明した。


PDFはこちら(外部サイト)