お知らせ

【913号徳洲新聞】ダイジェスト

野崎徳洲会病院は前立腺センターを開設。内視鏡下手術支援ロボット「ダヴィンチ」と強度放射線治療装置「トモセラピー」を駆使し、外科療法から放射線療法まで集学的な治療を実践。

徳洲新聞 注目記事


第5回神奈川ヘルニア研究会が湘南藤沢徳洲会病院で開催。3部構成で、第1部は「腹壁ヘルニア」、「横隔膜ヘルニア」、「小児鼡径ヘルニア」、第2部は「鼡径ヘルニア」に関する発表、第3部は講演が行われた。合計16演題中、徳洲会は7演題を発表。会場には医師ら70人が詰めかけていた。


皆野病院が地域の救急医療に大きく貢献――。同院が立地する埼玉県秩父地域は医療機関や医療従事者など医療資源が不足気味だが、同院は最も救急搬送の受け入れがスムーズ。徳洲会の“断らない救急”を実践している同院の頑張りで、同地域は県内で最高の受け入れ成績を実現している。

PDFはこちら(外部サイト)