お知らせ

【916号徳洲新聞】ダイジェスト

羽生総合病院(埼玉県)、榛原総合病院(静岡県)、出雲徳洲会病院(島根県)の徳洲会グループ3病院は、それぞれ4月から各地域で進んでいる医療連携システムに順次加入。地域に点在する医療・介護関連施設をネットワーク化、利用者さんの診療情報を共有。処方や検査などの重複解消、救急搬送などの円滑化に期待。


名瀬徳洲会病院(鹿児島県)は大島支庁で「第2回BLSO in 奄美」(一次周産期救命処置法講習会)を開催。受講生は徳洲会グループの職員だけでなく、外部の医療従事者や救急隊員など多岐にわたり、「地域一丸となって周産期医療を守る」という熱い思いに満ちていた。

徳洲新聞 注目記事


徳洲会グループは湘南鎌倉総合病院でオンコロジー(腫瘍学)プロジェクトのひとつ、「乳がん研究会」の2回目の会合を開催。既存の薬剤を組み合わせた新たな治療法の安全性と有効性を検討するため、新規の臨床研究を行うことなどを確認。同研究会はグループ全体のがん医療の質の向上に貢献していく方針。


PDFはこちら(外部サイト)