お知らせ

【918号徳洲新聞】ダイジェスト

特定医療法人沖縄徳洲会は、沖縄県で中部徳洲会病院の新築移転工事安全祈願祭を行った。新病院は救急・急性期機能を最大限に高め、県と離島圏域の医療に一層貢献すると同時に、国際医療拠点にする。2016年2月竣工予定。

徳洲新聞 注目記事


第29回日本環境感染学会総会・学術集会が都内で開かれ、徳洲会グループはポスター発表を含め過去最多の34演題を発表。学会テーマ「チームワークでつなぐ感染制御」が示すように、医師や看護師、薬剤師、事務職員など多職種が登壇。多くの参加者が詰めかけ、会場は熱気にあふれていた。


九州・奄美・沖縄ブロックの薬剤部は、福岡徳洲会病院で第1回薬剤部臨床業務研究会を開催。11病院から46人の薬剤師が参集し、発表演題は20演題に上った。離島・へき地病院が抱えるマンパワー・機材不足などに対し、各院の得意分野の情報を集約、互いに助言・支援し合うことを提案。


PDFはこちら(外部サイト)