お知らせ

【923号徳洲新聞】ダイジェスト

徳洲会グループは第12回患者満足度オリンピックの表彰式を開催。優秀介護施設1位に老健コスモス。優秀病院は小規模病院1位が札幌南青洲病院、中規模1位が葉山ハートセンター、大規模1位が中部徳洲会病院。優秀医局は小規模1位が大和青洲病院、中規模1位が鹿児島徳洲会病院、大規模1位が湘南鎌倉総合病院。


優秀看護部は小規模が与論徳洲会病院、中規模が大垣徳洲会病院、大規模が岸和田徳洲会病院。最優秀改善病院は静仁会静内病院が受賞。同院は昨年10月に電子カルテを導入、外来や薬局、病棟などで患者さんの待ち時間を大きく改善したことが受賞につながった。

徳洲新聞 注目記事


岸和田徳洲会病院と4月から徳洲会が管理運営している和泉市立病院は電子カルテ連携をスタート。両院は直線距離で5kmと近いため、両院を受診する患者さんの臨床情報などを共有、切れ目のない医療を実現するため、電カル連携に踏み切った。重複検査の回避により、患者さんの身体的・経済的な負担軽減にも寄与。


PDFはこちら(外部サイト)