お知らせ

【937号徳洲新聞】ダイジェスト

徳洲会グループ病理部門は第1回学術集会を開催。知見の更新や施設間連携の深化に加え、全国規模の学会発表へのステップアップが狙い。同学術集会終了後の全体集会では、同部門の円滑な運営と質の向上を目的とした「病理運営委員会」の発足を正式に承認。同委員会は「病理学術委員会」を立ち上げる方針。


第68回全日本体操種目別選手権が開かれ、徳洲会体操クラブの亀山耕平が、あん馬で5年ぶり2度目の優勝。これにより日本代表に選出され、10月の世界選手権の切符を手にした。亀山は「昨年の世界選手権よりも手応えがありました」。

徳洲新聞 注目記事


岸和田徳洲会病院は2年前から院内のNST(栄養サポートチーム)に訪問看護師が加入。退院し在宅復帰した患者さんに対して、切れ目のない栄養管理を実践。今後は褥瘡をはじめ院内に設置している各種医療チームと連携し、栄養面からのサポートをより充実させる考えだ。


PDFはこちら(外部サイト)