お知らせ

【949号徳洲新聞】ダイジェスト

大隅鹿屋 病院は11月1日の新築移転を機に、触知不能な微少肺病変(肺がん)を胸腔鏡下手術(VATS)で、より安全・正確に診断・切除できる術中CT(コンピュータ断層撮影)ナビゲーション下手術を開始する予定。同手術に有用な「Artis zeego」(多軸型CT血管造影装置)を備えたハイブリッド手術室を導入、早期肺がん治療に積極的に対応していく考え。


合計特殊出生率が全国一で”子宝の島“として知られる鹿児島県の徳之島。一方で高齢化率は30.4%と全国平均の23%を大きく上回る。公立の病院・診療所が1施設もないなか、徳之島徳洲会病院は同島にある民間3病院のうち唯一の総合病院として、救急をはじめ急性期から慢性期医療、在宅医療まで幅広く対応、約2万6000人の島民の安心・安全に貢献。


徳洲会体操クラブの齊藤優佑、山本雅賢が絶好調―。第17回アジア競技大会に日本代表で出場、団体で史上初の金メダルを獲得。個人戦でも総合で山本が銀、種目別では、あん馬で山本が日本人初の金、鉄棒で齊藤が銀、山本が銅。アジア大会の前哨戦、第47回全日本シニア体操競技選手権大会では団体準優勝、齊藤が3位、山本が5位。

徳洲新聞 注目記事


PDFはこちら(外部サイト)