お知らせ

【953号徳洲新聞】ダイジェスト

社会医療法人鹿児島愛心会の大隅鹿屋病院(鹿児島県)は、新築移転にともない竣工祝賀会を行った。前日から2日間にわたり内覧会も開催。地元や徳洲会グループ関係者ら計1,781人が参集し、新病院の完成を祝った。11月4日から新病院で診療を開始。

徳洲新聞 注目記事


大隅鹿屋病院の内覧会は医療従事者と一般の方を分け、それぞれ1日間実施。医療従事者向けは地域の診療所医師を中心に40人、一般向けは地元の方々ら1,741人が参加。午前9時から正午までの3時間で1,300人が訪れた。午後から天候が急変し、豪雨となったにもかかわらず、来場者は後を絶たなかった。

徳洲新聞 注目記事


湘南鎌倉総合病院(神奈川県)は予防医療強化の一環として、m(メッセンジャー)RNA解析検査を9月に開始。具体的には、「長寿遺伝子検査」と「がん関連遺伝子検査」の2種類の検査を行う。現在の健康状態を調べることができる同検査を通じ、疾病予防につなげるのが狙い。徳洲会グループで初めて。