お知らせ

【959号徳洲新聞】ダイジェスト

社会福祉法人函館共愛会の共愛会病院(北海道)は11月9日、高橋はるみ知事から2014年度の「北海道社会貢献賞」を受けた。45年以上にわたり道南圏の一次・二次救急医療に努めてきたことなどが評価。水島豊院長は「今後も救急医療を通じて社会貢献を重ねていきます」と抱負を語っている。


徳洲会グループは11月15日から2日間、1年次研修医の中間研修会を開催した。日常診療に対する理解を一層深めると同時に、同期の研修医と交流を図り、情報交換を活発化するのが狙い。今回は初めて歯科向けの講義も設けた。

徳洲新聞 注目記事


徳洲会グループは国内での医療・介護サービスの提供だけでなく、多岐にわたる分野で海外に目を向けた活動を展開。今年も国際的な医療機能評価であるJCI認証の取得や、医療ツーリズムへの取り組み、海外大学との提携による看護師育成、外国人医師の研修受け入れ、海外病院へ出向いての技術交流、国際学会への参加などさまざまな動きがあった。


PDFはこちら(外部サイト)