院長挨拶

概要

昭和56年3月開院し、地域の皆様に支えられてきた大和徳洲会病院も建物の老朽化が進み患者様の安全かつ快適な療養環境が提供できなくなりました。このため多大なご迷惑をかけることは承知で一時的に病院縮小をし、平成30年4月頃の完成を目指して新病院への建て替え工事を行うこととなりました。

工事期間中は14床の入院ベッド、外来は総合内科、循環器内科、小児科となります。
病院を閉鎖せず、縮小したことは徳洲会グループが地域に少しでも貢献したいと考えた結果であり、この点をご理解いただければ幸いです。新病院は最新の設備と患者様の立場に立って親身の医療を提供できるスタッフを揃える予定です。 規模は小さくなりますが、地域の医療に真摯に取り組んでいく所存です。

院長紹介

小澤典行(おざわ のりゆき)

  • 出身 : 愛知県
  • 専門: 循環器内科、血管内カテーテル治療

職歴

1989年
富山医科薬科大学医学部卒業。同年東京女子医科大学付属日本心臓血圧研究所循環器内科入局
1999年
大和徳洲会病院循環器内科長、2001年横浜旭中央総合病院循環器内科部長
2009年
湘南東部総合病院副院長兼循環器内科長
2013年
大和徳洲会病院副院長・静岡徳洲会病院副院長兼任
2014年7月
湘南厚木病院院長。2015年4月より大和徳洲会病院病院長、現在に至る

資格

  • 日本循環器学会専門医
  • 日本内科学会認定専門医
  • 日本心血管インターベンション学会専門医