教育体制

新人からベテランナースまで、心に響く看護を実践できる看護師を育てます

教育体制

看護部 スローガン

「心に届く看護」

心に届く看護を実践できる看護師を育てる

  1. EBMに基づいた看護ができる
  2. 相手の立場で思いやりの深い看護ができる
  3. TPOに合わせた行動ができる
  4. 自己教育力を高める

看護教育計画

看護教育計画

プリセプターシップ + 補助アサイメント システム

プリセプターシップ + 補助アサイメント システム

卒後1年目

基礎看護技術の習得

  1. 基礎看護を実践できるために必要な知識・技術を身につける
  2. ベッドサイドケアが安全で確実に実施できる
  3. 受け持ち患者のケアを通じて看護の知識を深める
勉強会 会議・振り返り
4月

全体オリエンテーション

看護部オリエンテーション

  • 看護部の理念、目標
  • 看護倫理
  • 教育システム
  • 接遇
  • 感染予防
  • 医療安全
  • 看護記録、オーダリング
  • 看護必要度

看護技術トレーニング

  • バイタルサイン測定
  • 採血
  • 注射(皮下、筋肉、静脈、点滴)
  • インスリン取扱い
  • 血糖測定
  • 口腔ケア
  • ナブライザー
  • 経管栄養
  • 吸引
  • 体位変換
  • バルーンカテーテル挿入
  • 生薬挿入
  • 輸血取扱い
  • 清潔操作

ME機器取扱い

  • 輸液ポンプ
  • シリンジポンプ
  • 酸素ボンベ
  • モニター
 
5月  
  • プリセプティ会議
  • 1か月フォロー
  • チェックリスト提出
6月
  • フィジカルアセスメント
 
7月
  • 褥瘡管理
  • 3か月フォロー
  • チェックリスト提出
8月
  • ドレーン管理
 
9月
  • 急変時の看護
 
10月
  • 呼吸器Ⅰ
  • プリセプティ会議
  • 6か月フォロー
  • チェックリスト提出
11月
  • 呼吸器Ⅱ
 
12月
  • 呼吸器Ⅲ
 
1月
  • 逝去時の看護
 
2月
  • コミュニケーションスキル(伝達方法)
  • プリプリ合同会議
  • 10か月フォロー
  • チェックリスト提出
3月
  • 1年間の振り返り まとめ発表会 「患者様からもらった宝物」

新人看護師の1年間の主な教育スケジュール

新人看護師の1年間の主なスケジュール

ラダーとは?

クリニカルラダーの略称。看護師としての専門知識・技術を段階的に身につけられるようにした、キャリア開発プランの事です。看護実践能力開発プログラム等とも呼ばれ、病院ごとに設立されています。
ラダー(ladder)とは、英語で「梯子(はしご)」の事を意味します。

卒後2年目

基礎看護技術の確立とメンバーシップの発揮

  1. 所属部署の基本的な看護を自立し実践できる
  2. チームの一員としてメンバーシップを発揮できる
  3. 後輩の育成・指導に向けコミュニケーション能力を習得するとともに自己の看護の振り返りができる
勉強会
6月 個人情報と看護記録
9月 ACLS
11月 ケーススタディをまとめてみよう
1月 プリセプターシップ
2月 1年目合同コミュニケーションスキル(伝達方法)
3月 訪問看護との連携 早期退院に向けての看護介入

卒後3年目

看護実践の自立とリーダーシップの発揮

  1. 根拠に基づいた判断と業務の流れを理解し、所属部署の基本的な看護を自立し実践できる
  2. チームメンバーや患者、家族とコミュニケーションがはかれ、人間関係を円滑に行うことができる
  3. 状況判断ができ、所属部署でリーダーシップが発揮できる
勉強会
5月 循環器看護
7月 リーダーシップ
9月 ACLS
11月 コミュニケーション
3月 訪問看護との連携 早期退院に向けての看護介入